ミニカーはWorldWide

にわかミニカーコレクターが綴る『また買っちまった記』です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京商 サーキットの狼 ?YATABE RS

ky_yatabe_rs_1.jpg
今週発売の『 サーキットの狼コレクション 』より、
おそらく一番人気の『 YATABE RS 』です。
劇中の正式名称は『 フェラーリディノ・レーシングスペシャル 』ですね。

買えなかったらあきらめるつもりでしたが、なんとか入手できました。
 

 
ky_yatabe_rs_2.jpg
ここはやはり、あの車と比較するしかありません。
フェラーリ第3弾に登場した『 Dino 206 Competizione 』です。

まず目に付くところは、ルーフからリアセクションに繋がるライン。
ヤタベRSの方が厚みがあり、ルーフとの高さの差があまりありません。

もう一つはフロントフェンダーからノーズに繋がるライン。
Dino206コンペのそれは、いかにもピニンファリーナといった美しいラインです。


ky_yatabe_rs_3.jpg
正面からです。
ほぼ同じ角度からの撮影なのですが、
フロントおよびリアセクションの高さの違いにより印象が異なっています。


ky_yatabe_rs_4.jpg
フロントノーズ部を比較するとこんなに違うのですね。
Dino 206コンペを改造したディノRSがブログ等で紹介されてますが、
原作の印象とはなんとなく違うと感じた理由がコレなのですね。


ky_yatabe_rs_5.jpg
トップビューです。
ヤタベRSはフロントが細く、リアが太いボディラインになっています。
また、エンジンフードを切り取るラインが大きく異なります。


ky_yatabe_rs_6.jpg
リアビューです。
左がヤタベRS、右がDino206コンペです。
エンジンフードを切り取るラインの違いや、
フロントフェンダーとボンネットの高さの関係が見て取れます。

画像ではわかりにくいですが、
実はDino206コンペもマフラーが再現されてます。


ky_yatabe_rs_7.jpg
ky_yatabe_rs_8.jpg
今回のサーキットの狼コレクションで、
もっとも造形に力が入っているのがヤタベRSですね。
オークションでもそこそこの高値となっているようです。

ところで、上の画像でよく見るとわかりますが、
Dino206コンペは右ハンドル、ディノRSは左ハンドルです。

ヤタベRSは、沖田のディノ246GTをベースにして、
Dino206コンペを参考に製作されたという設定ですので、
あくまで「似て非なるもの」なのです。

たとえばDinoコンペはエンジンが縦置きなのですが、
ヤタベRSではオリジナルの横置きのままなのだとか。
#さすがにエンジンレイアウトを横から縦に変えるのは大変でしょう。


ky_yatabe_rs_9.jpg
というわけで、画像も文章も多くなってしまいました。

「買えなかったらあきらめる」なんて言っておきながら、
実際には入手できたことが相当うれしいようです。(笑)

やはり私も『サーキットの狼世代』なんですね。
 
スポンサーサイト

テーマ:ミニカー - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/22(土) 02:03:46|
  2. 京商 1/64
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<京商 ブリティッシュ2 | ホーム | 京商ミニッツボディ ?ストラトス ピレリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mcww.blog8.fc2.com/tb.php/289-43870ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

WW

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。